バイアグラのこれから

バイアグラのこれから

 

バイアグラの影響から様々な変化が予想されます。老人の再婚は増加するでしょう。バイアグラで自信がつけば、若い女性や魅力的な女性との再婚が当然多くなってくるでしょう。

 

人生2回結婚説が実現するかもしれません。古来、家庭のあり方、結婚のあり方には多くの考えが提出されている。その中で有名なものが人生二回結婚説です。

 

まず、若い男性が年上の経験豊かで成熟した女性と結婚する。そこで、子供を設けると同時に女性から多くのものを受け取る。やがて年を取って妻が死んだら、その男性が10代の女性と結婚し、今度は人生経験豊富な年上の男性が女性の熟成を手助けするのです。

 

 

ED,バイアグラ,勃起

こうすれば、男性は長く人生を楽しむことができるし、女性も幸せな人生を送れるという

 

フランスのバルザックでは4人も子供を産んだ女性に、真剣に20代のバルザックは恋をして成就したことは良く知られています。

 

人生二回結婚説の最大のネックは男性のインポテンツです。50代になって20代の女性と結婚しても女性を性的に満足させられなければ、結婚は破たんしてしまう。女性が浮気には知ることも多く、生や家庭のモラルは崩壊してしまいます。

 

バイアグラがあれば人生二回結婚説が実現できるのです。そうすれば子供ももっと生まれて、少子化の解決に役立つのです。

 

もちろん、高齢の男性と若い女性が結婚しても満足のいく性生活を送ることができるのです。

 

中央アジアの某国の中には、文化としてまず老人が少女と結婚し子供を作る。ある程度歳をとった男性の一人暮らし程、精神的、身体的に不健康なものはない。同じく女性の一人暮らしも、単に寂しいだけでなく不自然、不健康極まりないのです。

 

もっとも結婚について円満でなければどうしようもないのですが。

 

 

スポーツ選手と一般男性も精力は同じ

 

スポーツ選手

男子プロスポーツ選手といっても基本的には一般人と同じ男性だから、長所も短所もあります。ほかの男性と違うのは、一定のスポーツで優れた能力を持っている点だけである。しかしそれは、性的能力や夫婦生活とは何の関係もない。

 

そう考える人もいるかもしれませんが、実際には違う部分があるのです。

 

アメリカの社会学を研究している研究者はプロスポーツ選手の浮気について詳しく研究しました。その結果。プロスポーツ選手はほかの男性に比べてはるかに多く浮気をすることを発見しました。

 

原因の一つは、奥さん抜きでチームメイトとあちこち遠征することが挙げられます。もう一つ、未婚、既婚を問わず多くの女性が、体格のスタミナがあることが予想されるスポーツ選手とセックスを一度はやってみたいと考えるという実態があるからです。

 

「彼女たちは、魔法にでもかかったかのようにプロスポーツ選手にひかれてしまうのです。いわば性的なファーストフード文化ともいえます。」

 

浮気

スポーツ選手の浮気に対する奥さんの反応も調査してきましたが、その結果そうした奥さんたちは、夫の人格よりもたくましい筋肉と高収入の方に惚れこんでいるので、夫の浮気に関して韓台であることが確認されています。

 

ただし、スポーツ選手として有名になる前から付き合っている奥さんは、少なくとも長期的な浮気を許しはしないようです。

 

けれども、こうした奥さんたちのほぼ全員に共通する点がありました。それは彼女たちが夫の浮気をはっきり知っているここと、しかし、そうした浮気を「有名人につきものも行動」としていて、できるだけ我慢しているようでした。

 

兄がいると性知識が豊かになる

 

兄の存在

男の子は、もしも兄がいれば、異性との付き合い方にイライラや戸惑うことは少ない。なぜなら、キスのやり方、女の子の扱い方を兄から聞くことができるからです。

 

しかし、この法則が当てはまらないケースがあるので注意が必要です。

 

そのケースの大部分は弟が同性愛者になるケースです。東京大学の研究者たちは300人の同性愛者の男性と、同じく300人の異性愛の男性の履歴を比較した結果。注目すべき事実を発見しました。同性愛になる確率は、複数の兄がいる場合には、ほかのケースの男性の約2倍の人数がいたのです。

 

この理由については次のようにいわれています。

 

同性愛

「出生前の状態と関連があると考えられ、過去に行った各種調査で判明していることだが、複数の兄がいるホモの男性は異性愛の男性に比べて、誕生時の体重が目立って少ない、したがって、ホモの男性は母胎の中ですでに、差があると考えられます。もしくは、これに関連して3歳児までに生成される男性ホルモンが少ないことが原因であるとも思われる。」

 

とにかく、幼少のころからほかの男性とは違った発育をしているということが考えられるようです。

スポーツ選手

20分から30分がノーマルで、2分から3分では早漏?早漏は楽しみの時間が短いのでせかせかとしたセックスになりがちです。持続時間は2分・3分長く持っても4分程度です。

 

このくらいの時間でも本当に早漏なのでしょうか?

 

実は違うのです。なぜなら、このくらいがセックスの平均時間だからです。多くの人は「もっと長くやっている。これが平均だなんて信じられない。」というかもしれませんが、これは真実なのです。

 

特に男性は「もう3分から5分ほどは自分より、みな長いはずだ」と主張したがりますが、研究さの中で発表された内容で次のようなものがあります。

 

「たいていの男性は20分から30分がノーマルで、それより短ければ、すべて早漏だ」と思い込んでいるだけなのです。」

 

専門家の中でもひどく勘違いしている人もいます。インポテンツをテーマにする国際会議が行われた時、列席した泌尿器科医たちは「ペニスの挿入から射精までの時間はどのくらいが平均とお考えになりますか?」という質問でも正しい答えをこたえた医師ははずカニ半分ほどでした。

 

その時間を正確に測定したいと考えた人たちがいました。ケルン大学の費用効か病院の研究グループで、彼らはカップルを3つのグループに分けて、セックスの持続時間をストップウォッチで測定してみました。第一のグループは、早漏を嘆いている男性がいるカップル。第二のグループは早漏を嘆いていないカップル。第三のグループは男性全員が泌尿器科医師でした。

 

その結果はこうでした。持続時間は第一グループの平均が2分30秒。第二グループの平均が3分。一番長かったのが泌尿器科医師のグループで6分でした。

 

それでも調査に参加した大半の女性はセックスに満足していました。実は彼女たちも少佐前は、持続時間がもっと長いものを想像していたのです。

 

しかし、研究者たちはこの結果から、「どのくらい時間がノーマル化より、男女の行動、態度の方が重要だ」という結論を出しています。
それでも、やはりセックスの挿入はできるだけ長く楽しみたいのは正直な気持ちなのでしょうね。

続きを読む≫ 2015/10/13 09:35:13

スポーツ選手ほとんどの男性が女性はそう思っていると考えています。つまり、「持続力こそセックスにおいて一番重要」という考え方なのです。

 

これにはポルノ業界にも責任があります。

 

女性が男性にそれこそありとあらゆる体位で何時間も攻め続けられ、ついには汗まみれになってクライマックスに達するという映像が世間に氾濫しているからです。

 

しかもその間女性は常によがり声を上げて、喜びに我を忘れているという映像です。

 

けれども男性の持続力は、本当にそんなに重要なのでしょうか?

 

確かに、ある程度の持続力がなければ男性が女性を満足せることはできないでしょう。たいていの女性はオルガスムスに達するまでに、男性より時間がかかるからです。

 

しかし、だからといって、セックスが長ければ、女性が満足するというものでもありません。単調なピストン運動を30分以上続けることなど、女性は絶対に男性に臨んでいません。

 

アメリカでの調査によると、たいていの女性にとってセックスとは、「一番長く続く男性が照射になるようなスポーツ」ではありません。それよりはるかに重要なのは、優しさや思いやり、忍耐、機転なのです。

 

このことは、ドイツでも確認されています。「ベッドでどういう態度を示す男性がいいか?」という質問に対しての女性たちの回答は、「女性がオルガスムスに達することができることを気にしてくれる男性」はわずか5パーセント。「女性がどんな気分か聞いて、その言葉に合わせて行動してくれる男性」が11パーセント「セックスとオルガスムス以外のことも考えてくれる男性」は35パーセント。「自分という人間を強く求めていると感じさせてくれる男性」が42パーセントでした。

 

こうしたことを真剣に考えている男性は、もしかしたらごく少数なのかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/09/08 09:16:08

スポーツ選手年配の男性が若い女性と性的関係にある場合、その男性は、相手の女性が自分の何にひかれてつきあっているか知らないはずはない。

 

若い女性が、年配の男性の禿げ頭やお腹の脂肪にエロテックな性的刺激を感じ取るわけがないのです。

 

もちろん、その男性が今までの人生で成し遂げてきた業績、人生の闘争で得た勝利、そして持っている大金こそ、女性にとって魅力的なのである。

 

本当にこれがすべてだと、悲しいことですね。それとも、年配の男性に対する若い女性の愛情の背後には、ほかの何かがあるのでしょうか?

 

実はあることがわかっています。それは心理学で「パパフェクト(パパ効果)」と呼ばれている現象で、どういうことかというと、「ほとんど自信がなくて、無意識のうちに人生に対して不安を抱いている女性は、年配の男性に強く保護されることを望んでいるのです。」

 

年配の男性は若い女性にとってはいわば父親役なのです。その男性を信頼しきっていますので離れられないのです。

 

そうして女性は自分の人生の大部分を、経験豊かな男性にゆだね任せているのです。男性が彼女に何かアドバイスすれば、女性は喜んでその話に耳を傾いけるのです。その男性と一緒ならなんも怖くないのです。

 

 

続きを読む≫ 2015/06/16 09:16:16

スポーツ選手性欲は食欲と同じく、人間にとって基本的な欲求である。だから誰でも、回数の違いこそあれ、一生の間に何回かセックスをするものだ。

 

男性の中には、多くの女性たちとセックスする人もいるし、一人だけの女性とセックスをする人もいます。

 

一度もセックスしない人はいない?それとも、童貞のまま一生を終える男性がいるのだろうか?

 

それは、確実にいます。多方面に活躍したのに一度もセックスをしなかった男性はいます。

 

 

 

例えばイギリスの数学者・物理学者であったアイザック・ニュートンがそうです。

 

彼は万有引力の法則で有名です。1727年に85歳で亡くなるまで、一回もセックスをしませんでした。それが原因で慢性的ニア不眠症なのか、慢性的に不眠症が原因で性欲に異常が出たのかはわかっていません。

 

 

 

またドイツの哲学者のカントも一生童貞でした。彼の場合は性欲そのものも重大だったかどうかさえはっきりしません。
彼は一生のうちに二度ほど結婚を考えましたが、踏ん切りがつかず煮え切らなかったために女性が他の男性と結婚をしてしまいました。

 

 

 

その他には童話作家のアンデルセンもそうです。性欲は感じていたようですが、実際には一度も女性とセックスをしたことがありませんでした。いとど売春宿を訪れたそうですが、そこに行ってさえも、売春婦と会話を交わしただけでした、女性とのセックスを吐き気を感じたそうです。

 

なので自分自身でオナニーをしていたようですが、そのオナニーにはいつも罪悪感が付きまとっていたようです。

続きを読む≫ 2014/11/14 09:16:14